« 注目間違いなし!オフィスで使えるおしゃれマウス | トップページ | 立体?平面?目の錯覚を利用したイリュージョンアート »

2010年5月31日 (月)

未来へようこそ!機械で作った動物たち

22世紀になったら「どこでもドア」や「タケコプター」が出てくるというのはなんだか無理そうな気がする21世紀初頭の現代ですが、想像でデジタルの動物や虫を作ることはできます。
動物たちを限りなくデジタルに作り直したらどんなイメージになるのでしょうか。

Welcome to future times!

フラミンゴ
20100530_desi_01


黒豹
20100530_desi_02


にわとり
20100530_desi_03


カエル1
20100530_desi_04


カエル2
20100530_desi_05


ネコ
20100530_desi_06


てんとうむし
20100530_desi_07


おっとせい
20100530_desi_08


ニュービートル?
20100530_desi_09


半分メカの動物というものは、生物学的にもロボット工学的にもあまり生産性のいい生体とは思えませんが、見るだけだとまだ見ぬ未来へのロマンが広がっていいですね。


マヌカハニー

▼赤字覚悟★ハラキリ特価!!▼のどの乾燥が気になる方に!!【Spirits Bay】マヌカハニーUMF10+■...

« 注目間違いなし!オフィスで使えるおしゃれマウス | トップページ | 立体?平面?目の錯覚を利用したイリュージョンアート »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 未来へようこそ!機械で作った動物たち:

« 注目間違いなし!オフィスで使えるおしゃれマウス | トップページ | 立体?平面?目の錯覚を利用したイリュージョンアート »